当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今今今

俺は今、宮崎市内の最近開店したばっかりの漫画喫茶でこれを書いている。師走の宮崎は、いかに日本の偏狭にある地方都市とはいえ、それでも年の瀬らしくどこか街全体が浮き足立っているように感じる。ホラ、パトカーが赤色灯を回転させながらけたたましいサイレンを鳴らして、どこかの悪党をひっとらえに素っ飛んでった、年末は犯罪が増える、もちろんここはビルの二階にある漫画喫茶の店内なので赤色灯(通称パトライト)の赤いビカビカは見えっこ無いんだけどさ・・・、ま、それはそれ、雰囲気って大切じゃない。
なんでわざわざ金を払って漫画喫茶のPCでブログにアクセスしているかというとね、こわれちゃったんです、俺のPC。さっき買った店に入院させてきたんだけど、完全に立ち上がる力を失った状態だったからね、どうなることやら。
そんなワケでしばらくの間このブログも更新出来ないと思われます、ちょくちょく覗いて下さる皆様、悪しからずご容赦下さいませ。

と、話は変わります。まぁ、こんな事をここに書くのが適当かどうかわかんないんだけど、実は俺、結婚・・・ではありません。そうではないです。あの、実は、もう宮崎がかなりイヤになっちゃってて、そう、フラれたショックから立ち直る過程で俺の心にある感情が芽生えました。芽生えたのでは無くて、たぶん元からあったのかもしれんけど、それは「教習」・・・、もとい「郷愁」です。ぶっちゃけ故郷の岐阜に帰りたくなっちゃったの。18で岐阜を出てからはや10年、今まで経験したことの無い強烈な郷愁が俺の心をかき乱しています。なんだか今まで薄々感じていたその感情の存在、それを積極的に無視したからここまで来れたのかもしれません、が、しかーし!!!その感情は俺の見ていないところで徐々に、しかし確実に心の中で体積を増していたようです、溢れそうな気持ちを堰き止めるのに何度も何度も強く大きく作り直してきたダムも既にその意味を失いました。俺は岐阜に帰りたい。
確かに、今の気持ちと俺の置かれた現実というのはかなりのギャップがあります。恐らくこの現実を気持ちに近づけていくには、今まで以上の時間と努力と労力が必要でしょう、多くの人に多大な迷惑をかけ、そして期待を裏切り失望を強いるでしょう。でも、ギリギリギリ今今今、ギリギリの今しかもう帰るチャンスは無いんです。俺は決断するしか無いんです。俺は帰る。ここにいるのは多分あと二年くらい。でも、悲しくは無いです、むしろ感情を開放させた喜びに震えています。いろんな見方が出来ると思います、でも今今今、今の俺の正直な気持ちです。
[PR]
by travelers-high | 2005-12-19 19:07 | よれよれ日記