当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

二月の夢

行かなきゃ。

彼女の唇がそうつぶやいたように見えた。彼女の眼は床の一点を穴が開くように凝視しているが、その瞳には何も映っていない、瞳孔は黒目の大部分を占領し目玉に深い井戸のような黒い口を開けている、いわゆる死んだ魚の目だ、変に白目の部分がギラギラと妙なつやを放っていて、彼女の顔からは人間らしい感情のひとかけらも見つからなかった。なんでこんなことになったのか、俺が何をした、俺は必死に何か重大な事を思い出そうとしていた。

初めて彼女と会ったのは数時間前だ、つまりさっき。街一番の風俗ビルの隣の隣の隣にある雑居ビルの地下にあるショットバー「HIGE」、古い泡盛を飲ませる馴染みの店だ、平日の夜中ということもあって店には俺と、そしてもう一組の中年夫婦がBOXにいるだけだった。やけに黒いニスの塗られたカウンターで菊乃露の12年をロックで飲む、仕事でささくれ立った神経にやさしく酔いが広がっていくのがわかった。
[PR]
by travelers-high | 2006-02-10 20:50 | 幻想絵巻