当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

夢、憧れ、希望

昔から祝日を覚えられない、今日が何の日で休みなのかわからない、とにかく今日は祝日だ、祝う対象がわからないから日を祝えといわれても祝い様が無いのだが、休日にしてくれるというからにはその実力に敬意を表して祝い気分で一日を過ごそう。
学校は休みだ、農作業も一段落しているから休ませてもらった、本当に久々の休日だ。いつもどおりの時間に目は覚めたが、休日なので張り切って二度寝をキメることにした、この二度寝という快感、惰眠という贅沢、俺は安らかにまどろみながら再び夢の世界へ溶け落ちるのだった。
目の前ではベルトコンベアが動いていた、見覚えのある工場の中に俺はいた、そこはどうやらかつて働いていたエンジンの組み立て工場の中のようだ。俺の一工程後ろには学生時代の友人である松島がいる、どうやら今日がその持ち場の初日のようで仕事の要領が分からず困った表情を浮かべていた。随分長くて向こうが霞んでいるそのコンベアの上流から何やらビニール片が流れてきた、それはコンビニのオニギリを包んでいるラッピングだった、中身は無い、そのビニール片には「イタリアンオニギリ」と印刷されていたのだが、俺はそれがどんな食い物なのか想像もつかなかった。作業長らしい人物が近くに来て俺の横で何か作業を始めた、オレンジ色のチャーハンのようなものを慣れた手つきで素早くそのビニールに詰めていく、突っ立っているわけにもいかないので俺も作業長をまねてその謎めいた食品をビニール片に詰めることにした。
と、そこで目が覚めた、短い夢を見たようだ。休日なのに夢の中で働いてしまった、文字通り夢中で働いたという事なのだが、夢の中の労働では俺の口座にギャランティーが振り込まれることは無い、むしろ振込みがあった方が恐ろしい。しかし朝からタダ働きで激しく損をした気分である。現実世界の松島も新しい仕事で困った顔をしてるんじゃないのかなぁ?少し心配になった。元気か?
イタリアンオニギリってうまいのかな、ちょっと食ってみたらよかった、惜しい。
[PR]
by travelers-high | 2006-05-05 08:19 | よれよれ日記