当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

朝刊、地鶏、足軽ジョニー

煙草をやめると太るとかいうが、俺は太らなかった、兄も太らなかった。おかしいのはその「やめると太る」という通説か、それとも我が兄弟か。出る所に出てもいいからそれを確かめてみたい、切にそう思う。
昨日から訳も無く禁酒すると決めた、ある種の挑戦である、何日飲まなくても平気なのかと、それを確かめる為だ、丁度アスリートが絶えず自分の記録に挑戦していくのに似ているかもしれない、まるで違うかもしれない、しかし精心的にはアスリートでありたいとは思っているかもしれない。話が進まない、何を書いているのだ、この俺は。つまり、今日が二日目、意外と普通だ。酒は俺という船が人生という名の大河を進む為の櫂の役目を果たしていると思っていたが、別にそういう事でも無いらしい。
酒をやめるとどうなる、という通説はあまり聞いたことがない、アル中の人が酒をやめるのと、もともとあまり飲まない人がやめるのでは単純に比べようが無いからだ。煙草にそういった依存度の差が出にくいのは、喫煙者の大半が重篤なニコチン中毒になるからであろう、それ程ニコチンの依存性は高いのだ。つまり、禁酒より禁煙のほうが難易度がはるかに高いということにならないか。既に禁煙に成功している俺にとって、禁酒はそれ程高いハードルでは無い可能性もある。いつか自分の酒量を「嗜む程度」と表現する時が来るのかもしれない。
ニコチン中毒者が禁煙した場合に、実際に出る身体的退薬症状(禁断症状)はほとんど無いのだそうだ、しかし、程度の差こそあれ重度のアル中が禁酒すると肉体的苦痛を伴い、派手な妄想と幻覚が出るという、代表的な幻覚にピンクの象や虹色のサル、小さな大名行列等が有名だ、そういったものが患者本人には本物だとしか思えない程のリアリティで迫ってくるらしい。我が家系はアルコールに依存しやすい血統のようなので、というか東アジアは文化そのものが割と酒臭いので、ちょーっと気をつけたいものだ。
[PR]
by travelers-high | 2006-05-11 22:36 | よれよれ日記