当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アバカブ

漫画「きまぐれ☆オレンジロード」というものがある。

漫画を酒に例えるならば、「魁!男塾」を清酒とした場合、「きまぐれ☆オレンジロード」はスクリュードライバーのポジションにある作品である。そう、それは全巻を通じて致死量ギリギリのラブコメである、とにかく骨までとろけるほどに甘酸っぱい青春のストーリーだ。冬はスキー場で、夏は海で、何も無い時は学校や街で、もう絶え間なくラブコメなのである、危険極まりない漫画なのである、健康に自信の無い方は読むのを避けるべきなのである。

そのオレンジロードで二月といえば無論、バレンタインデーのエピソードが存在する。

ま、細かいストーリーは忘れたが、紆余曲折の末、結局鮎川は恭介にホットチョコの形でバレンタインチョコをあげるのだ、場所は鮎川がバイトするアバカブという喫茶店で、である。なぜ、そのシーンだけしつこく私が記憶しているかというと、そのホットチョコがやたらとうまそうだったからだ。
で、作ってみた、ホットチョコ。去年の実習でケーキを作ったのだが、結局使わなかったスィートチョコがそのまんま残っていたのでそいつを活用する。ナベにナイフで刻んだチョコを15g程いれ、牛乳をドボドボ注いで火にかける、温まってきたところでココアとインスタントコーヒーを隠し味に少量加え、煮立つ前に火を止めて出来上がり。

ココアとコーヒーがビターなアロマを演出し、キッチンはさながらお菓子の家のような雰囲気に包まれた、ああ、アバカブはこんな匂いがしていたのか。期待に胸を膨らませ夢の香りが立ち上るホットチョコをお気に入りのマグカップになみなみと注いだ、魔法のような液体に胸が高鳴る、そして、その味は・・・。
もったいないから教えない。
[PR]
by travelers-high | 2007-01-24 20:59 | よれよれ日記