当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オール☆スター

「金属バットとハスキー・ヴォイス」

俺は打席に立つと、自分に出来る最高の凶悪顔でピッチャーにガンを飛ばした。
打ったる、今日こそはこいつに一泡吹かせたる。こいつに俺ら北小は何度煮え湯を飲まされてったか。こいつだけは打ったらなあかん。ランナー一塁三塁でノーアウトや、一打逆転、走者一掃、百発百中やわ。見とれよ~、地中海までカッ飛ばしたる。俺のバットは飛ぶぞー。なんせダイナマイト仕込んだったでな、野球場の裏で変なおっちゃんから買ったんやわ、思ったより安かったわ、ダイナマイト。
あんな、教えたるわ。ええか、これからピッチャーが投げるやろ。こいつは初球絶対内角投げてくるでな、思い切り引き寄せてバシーンとレフト線へ引っ張るんよ。そしたらどかーんと爆発してな。どうよ、かっこええやろ。
早く投げろって、おい、けん制なんかしとったらあかんて。ピッチャー頼むって、まじで。そうそう、そうやって、来るぞ第一球、ピッチャー、セットポジションから第一球、投げました、って、うわ、外角高め、遠。バット振れへん。って、敬遠ですかぁ?満塁策?ダイナマイト爆発させれへんや~ん。

俺はかつて、野球をやっていた。
もう二十年も昔の話だ。
[PR]
by travelers-high | 2007-07-03 22:10 | 幻想絵巻