当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

まびきとは!!

間引きとは、密に生えている作物に適当な間隔を与える為、生育の悪い株などを引っこ抜くことを言います。

株同士に適当な間隔が無いと多くの問題が発生します。
まずは日照。お隣さんがすぐ近くにいると当然日当たりが悪くなります、日当たりが悪い場合、大半の植物は少しでも多くの日照を得る為に上へ上へと伸びようとします、隣の株に負けまいと背伸びをしまくるのです。しかしながら、背伸びをしていると当然足元のバランスは悪くなるのわけで、結果として背ばかり高いヒョロヒョロの情けない成長となります。専門的な言葉でこれを、「軟弱徒長」と呼びます。これがまず一つ。
次に、軟弱な苗は病弱です。人間が人ごみでは風邪をひきやすいように、苗同士が混んでいると病気や害虫の被害を受けやすい状態となります。ヒョロヒョロの青びょうたんが集まっているならなお更というわけですね。

ここで面白いのが、反対に株の間隔をジャンジャンあければ良い野菜が出来るかというと、実はそうでもないんです。完全に離してしまうと今度は強い日光に耐える為に硬く頑強な成長となって、食味という点で問題となったりします。結局、適度に寄り添うような距離にしておくと、強風などを支えあったりするし、お互い切磋琢磨して程よい背丈になるんですね。

この辺りの栽培管理というのが農業の面白さです。肥料の濃度やら与える水の量やら、自然環境とうまく付き合いながらお百姓さんは常に植物の成長をプロデュースしているのです。なだめ、すかし、誉め、しかる。時には冷徹に生命を選別します。少年野球の監督さんなんかとは結構似た感覚があるんじゃないでしょか。
思い通りに植物が応えてくれると、キンタマがちぢむくらい楽しい瞬間になるのです。

今日のアルバム
・The One(Shinichi Osawa)

四曲目のOur Song!!めっちゃいい!!かっこいい!!
[PR]
by travelers-high | 2007-10-22 21:58 | 鬼太鼓農業