当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

島へ(11)

車窓にちらほらと家の明かりが映る。
人の気配がする、この島に生活する人がいるのだ。俺はそれだけで少し安心した。
キムラの話では、この島の産業は主に農、漁業、特に農業は特有の良質な土壌がある為に作柄が良く、ここで獲れた米は本土へ持っていけば良い値で売れたらしい。
しかしながら過疎化の波はこの島にも容赦無く打ち寄せ、昭和中期からの人口流出はかなり激しいものになったそうだ。そしてバブル期以降、この島で婚姻届を出したのはたったの二組という有様らしい。末期的と言える状態である。
後継者を失った島は残された人間と共にそのまま老いた、今では島そのものが棺桶に片足を突っ込んだ状態、つまり瀕死なのだという。
「着いたよ、ここが金華島で一番人のいる場所だ。」
そう言ってキムラはタクシーを止めた。
[PR]
by travelers-high | 2007-12-19 21:07 | 幻想絵巻