当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

火盗改メ

六月を待っていたのか、アジサイに青い花が咲いた。

麦茶が暑い時期に好まれるのは、体温を下げる効果があるからなのだそうだ。過ごしやすい気候が続いてはいるが、南国MJ市は昼間ともなればTシャツ一枚で過ごせるほどに暑くなる。近所の小学校では、プール開きに向けてプールの掃除をしていた。海沿いの為、MJ市より温暖なN南市では、既に水田に水を張って田植えの時期を迎えている。いよいよ今年の夏がその姿を見せ始めた。

夏は夏でいい。問題は麦茶だ。

香りにこだわる私は、水出しの麦茶を憎む。麦茶は煮出しだろ?水出しなど色だけのまやかしだ。
昼食の後、麦茶が無くなったので、私はやかんに水と麦茶パックをブチ込み火をかけた。沸騰したら弱火にして3分といったところか。火を使っている事を覚えていれば・・・、な。
今日、あろうことか私はやかんを強火にかけている事を忘れ、昼からの仕事の為に家を出てしまったのだ。これはうっかりで済まされるようなミスではない、家に火を放ったのと同じだ。
ジーザス、その事態に気が付いたのは四時間後、仕事からの帰り道。
幸いにして世の中には私のようなミスを犯す人間が多いと見え、ガスの元栓には消し忘れを感知して自動的に消火するという偉大な機能が内蔵されていた。家に帰ると案の定やかんはカラカラでススだらけ。しかし火は消えていた、その偉大な機能が正常にその役割を果たしたのだ。良かった、本当に良かった。
そしてさっき、夕食のおかずにごーやーちゃんぷるを作っていたら、油がはねて手に火傷をした。俺の今日を火難の日だと事前に占えた占い師がいたら、俺はそいつを一生ひいきにしただろう。今年の麦茶は水出しにしようかな。
少し、火にナーバス。
[PR]
by travelers-high | 2005-06-01 20:49 | よれよれ日記