当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:幻想絵巻( 63 )

地下鉄東部五十嵐線

人がまばらに歩く深夜の地下街を全力で走る俺の前に、地下鉄東部五十嵐線藤代駅の自動改札が迫る。

切符を。買わなきゃ。怒られる。

生来の生真面目さが一瞬だけ躊躇させたが、俺は思い切り良く、文字通り自動で稼動するホームへのゲートをないがしろに突破することにした。
両開きの座布団のようなゲートに飛び蹴りを放って駅の内部に躍り出る。瞬間、ヴー。プログラムに忠実な機械がクイズの不正解のような音をさせ、駅員にホームへの侵入者の存在を知らせた。ああ、こりゃ犯罪だ。今現在、俺は人を追っているが、これからは人に追われる立場なのだ。
あ、おい。
改札の駅員が短く叫ぶ。
つけとけ。
俺も短く叫ぶ。

つけの効く地下鉄があるかどうかは知らないが、多少の利子なら払うくらいの覚悟はある、今はそれどころじゃない。俺は追っているのだ。つけの効かない人間を。

走らなければ、恋が終わる。
俺は破裂しそうな心臓を胸に抱えながらもつれる足を必死で回転させた。
あの子が乗るはずの終電まで、あと、あと、何秒か。
間に合え、間に合え。
ぷるるるるるる、電車のドアを閉める音がレールを挟んだホームの反対側から響いている。こんちくしょう、こんちくしょう。履き潰したナイキのエアフォースが今さらながら爆発する勢いで俺は階段を駆け上がった。
[PR]
by travelers-high | 2007-09-27 23:27 | 幻想絵巻

けーだん

真夏です、怪談が聞きたい季節です。

中学の卒業アルバム、
他クラスの集合写真のなかで、
同級生の右肩に白い手が乗っていました。
いぎゃぁぁぁぁ~~~!!!!

涼しくなったですか?

明日から休暇に入ります、更新止まるかもしれませんので悪しからずご容赦の程宜しくお願いします。
[PR]
by travelers-high | 2007-08-09 22:36 | 幻想絵巻

暑中見舞い2007

猛暑の折、皆様いかがお過ごしですか?
ロマンティックと水着が大好物、AZUです。
暑中お見舞い申し上げます。

当地宮崎では連日の猛暑に耐えかねたのか、地鶏の鳴き声が微妙に低くなっています、「ごけごっこ~」と聞こえます。

真偽はさておき、暑いものですね。
夏休みは毎日プールに行けた少年時代にタイムスリップしたいです。
我が家は学校から2kmくらい距離があったので、炎天下小学生が徒歩で行くには随分と遠かった記憶がありますが、陽炎がゆらめく灼熱のアスファルトの上を、体を引きずるように学校まで、ま~、よく行ったもんですわ。

わっはっは。

は~、それにしても。
気温は高いがクールにいきましょう、日本の夏。
[PR]
by travelers-high | 2007-07-31 22:07 | 幻想絵巻

ヂコク

実際、鼻腔を刺激する人間になりたい。

紫陽花の花の香りがする人間になりたい。
雨上がりの庭の匂いがする人間になりたい。

実際、飛行機のジェットでぶっ飛ばしてみたい。

宮崎→沖縄間を。
関空→バンコク間を。

実際、非公認のヤクでブッ飛んだみたい。

この世⇔あの世を。
地獄⇔地獄を。
[PR]
by travelers-high | 2007-07-06 21:49 | 幻想絵巻

スチロール

包まれているようだから、
発泡スチロールの音が好きじゃない。
[PR]
by travelers-high | 2007-07-05 20:59 | 幻想絵巻

オール☆スター

「金属バットとハスキー・ヴォイス」

俺は打席に立つと、自分に出来る最高の凶悪顔でピッチャーにガンを飛ばした。
打ったる、今日こそはこいつに一泡吹かせたる。こいつに俺ら北小は何度煮え湯を飲まされてったか。こいつだけは打ったらなあかん。ランナー一塁三塁でノーアウトや、一打逆転、走者一掃、百発百中やわ。見とれよ~、地中海までカッ飛ばしたる。俺のバットは飛ぶぞー。なんせダイナマイト仕込んだったでな、野球場の裏で変なおっちゃんから買ったんやわ、思ったより安かったわ、ダイナマイト。
あんな、教えたるわ。ええか、これからピッチャーが投げるやろ。こいつは初球絶対内角投げてくるでな、思い切り引き寄せてバシーンとレフト線へ引っ張るんよ。そしたらどかーんと爆発してな。どうよ、かっこええやろ。
早く投げろって、おい、けん制なんかしとったらあかんて。ピッチャー頼むって、まじで。そうそう、そうやって、来るぞ第一球、ピッチャー、セットポジションから第一球、投げました、って、うわ、外角高め、遠。バット振れへん。って、敬遠ですかぁ?満塁策?ダイナマイト爆発させれへんや~ん。

俺はかつて、野球をやっていた。
もう二十年も昔の話だ。
[PR]
by travelers-high | 2007-07-03 22:10 | 幻想絵巻

割れし山

ある日仙人が、
こう言った。

「飽きた」、と。

すると不思議なことに、
東の山が真っ二つに割れ、
そこから俺が生まれた。

俺は仙人を退屈させない為に、
世界から送り出された、
しょーもない人間だ。
[PR]
by travelers-high | 2007-07-01 21:13 | 幻想絵巻

鶴の恩返し

昔話から学ぶことはとても多いです。
子供に聞かせることを前提としているから、
そこに教訓的な味付けがなされるのかもしれません。
コクのある物語をこそ。

「鶴の恩返し」

確か大筋では、
じいさんに命を助けられた鶴が、
若い女に姿を変え、
恩返しと称して自らの羽を材料に見事な生地を織り上げる。
鶴は自らが鶴である事を秘密にするために、
作業中の姿を絶対に見せまいとするものの、
やせ細る女を不審に思ったじいさんが約束をやぶって正体を目撃してしまうんですな。
傷つき消耗した鶴である己の真の姿を人目にさらしたことにショックを受け、
彼女(鶴)は去っていく。
めでたしめでたし。

この話の教訓的部分とは、
・生き物を大切に
・恩は倍返、感謝の気持ちは現金で
・身を削って働け
・約束を守れ
・別れは辛い

ということだと私は思います。

ところで、ここからは自分の話ですが、
私の脂肪は、つまるところ鶴の羽です。
労働により、どんどん脂肪という羽が失われていくんですね。
だから痩せているんです。
体脂肪計がエラーをする程、身を削って働いているということです。
あたしゃ鶴です。
めでたしめでたし。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-30 21:22 | 幻想絵巻

武家ショハット

そうですね、
まぁコインランドリーは、
生活の支店だと言えますね。(「騎士道とローリング・サンダー」第二十二巻より)
[PR]
by travelers-high | 2007-06-27 21:33 | 幻想絵巻

赤緑

赤っていうのは、

いい色です。

熟したトマトの赤、
夕焼けの赤、
くちびるの赤、

中華街の看板も、赤いです。

緑、

いい色です。

新鮮な、ハクサイの緑、
超人ハルクの緑、
ハイネケンの緑、

私の車も緑色。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-21 22:53 | 幻想絵巻