当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー

<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

巨泉サーン

買った空気清浄機には自動運転機能がついている、センサーが匂いを感知して自動的に動き出すという夢のような機能だ、これで空気もピカピカだ。しかし、この匂いセンサーは極度に感度が悪く、むせる程自室をインド製の香で焚き染めてもピクリとも動かない、おいセンサー、仕事しないと燃やしちゃうわよ。
ついに人は飲む水に飽き足らず、吸う空気まで買い始めたわけだが、そんな時代に生まれたということなので、これでいいにょだー。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-30 18:43 | よれよれ日記

戦国時代劇場Jポップ

メディ○・ロメ○に言いたい!
「♪こなーゆきー」
今年は粉雪どころじゃない!

Jポップの女王、ユーミ○に言いたい!
「♪ぶりざーど、ぶりざーど」
寒すぎるわ!

ターミネーターは無免。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-29 20:18 | よれよれ日記
フィギア、といっても人形の方ではない、滑るほうのフィギアだ。たまたまTVで見たが、う、う、う、う、う、う、美しいー。だ、だ、だ、だ、だ、大王様、大変です、美しいー。と、思わず報告したくなる程綺麗だった。リンクは日常から完全に分断され、淫らで退廃的な耽美のステージへとその姿を変えた、人は生まれつき美を欲する。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-27 21:01 | よれよれ日記

低純度古典芸能炸裂弾

FMを聴くクセがついた、FMはいい、好みの曲をかけてくれる各局DJを繋いでいくと、幅広い所からいい音を届けてくれる。
今聴いているのはNHK-FM、ヴェスト・オヴ・クラシックの時間だ、今日は「カルメン組曲」、ウィーン芸術週間2005の録音である、長い、CDかけっ放しで楽な仕事だと思うが、NHKが誇る強力クラシックDJ陣はその多くが妖怪のような口調で話す年寄りなので、まあいいのだろう。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-25 21:29 | よれよれ日記

おっと、あんた、熱帯魚

d0001925_1957243.jpg国保の保険証をスウェットパンツのポケットに突っ込んだまま洗濯してしまった、俺の保険証は死んだ、そして明日役所に行って復活の呪文を唱えなければならない。クレジットカードみたいな材質の保険証ってのは出来んもんかね?すごく大事なものなのに「紙」というマテリアルはいかがなものだろう。なあ!なあ!「紙」はどうかと思うぞ!「紙」は!お陰で見ろ!俺の保険証!ボロボロだよ!Noooohh!!!
[PR]
by travelers-high | 2006-01-23 18:28 | よれよれ日記

be good

「E.T.」観ました、言わずと知れたS・スピルバーグによる作品です。ま、既に評価の定まった名作中の名作。多分ちゃんと観るのは十何年ぶりなのだが、話の筋を殆ど細部まで覚えていた。それ程単純なストーリーなのである、これは。しかし、「奇怪な宇宙人と幼い少年の心の交流」という、単純だが良く考えてみれば相当にシュールな物語ではある。あるような気がする。
今さら感想もアレなのだが、うん、とっても心温まる良い映画でしたとさ。
子役時代のD・バリモアがとてもいい、本人的には今頃言われても困るだろうが。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-22 19:59 | よれよれ日記

Dデイ

S・スピルバーグの「プライベート・ライアン」を借りて観る。うう、残酷。激烈に痛そうな戦闘シーンの連続、激戦に次ぐ激戦。本物より本物らしい描写。アタイは震えました。(この回のみ一人称を「アタイ」で統一、理由は「そうしたいから」)
戦闘シーンで、衛生兵が重症の兵士を治療して、「よし、これでコイツは助かる」と喜んだ瞬間、たった今命を救った兵士の頭部にトドメの弾丸が直撃。また、別の場面で、飛んできた敵の弾をヘルメットが防いで命拾いをした兵士が、そのヘルメットを脱いでその奇跡を驚いていると、ヘルメットを脱いだ頭にまた弾が命中、今度は絶命。みたいな、ホッとさせといて落とす、そんな意地の悪いシーンが多かったような気が、気の小さいアタイはもう「No!戦争!」みたいな、「命!その意味!」みたいなメッセージが、ギンギンに凍ったマグロで側頭部を横殴りに殴打されたように脳天をガィィィィーンと直撃しました。肉体的にも精神的にもリアルな痛みを伴う映画は苦手、しかし、そういった痛みをうまく演出している映画は、キツイけど震えながらも観る価値を持つものだとも思う。
T・ハンクスは「グリーン・マイル」の時の尿道炎といい、「痛い」演技がうまい。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-19 20:52 | よれよれ日記

半人半獣

床屋に入り、「ケンタウロスのように・・・」とオーダーする夢を見た気がする、いや、見なかったのかもしれない、今思いついただけか。ゆるいパーマをあてられそうだ。
春になったら学校に行こう、俺と同級生になりたい奴ぁいないかー?
[PR]
by travelers-high | 2006-01-18 15:31 | よれよれ日記

南国の極北

引き続き「ギリギリデイズ」を読んでいる、どうも文脈がおかしいなぁと思ったら、「解説」を「解脱」と読み間違えていた、皆さん御注意下さい、そして僕はこの街が嫌いです。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-18 07:01 | よれよれ日記

パンチ頭

松尾スズキの「ギリギリデイズ」を読む、大人計画観たいなぁ、宮崎には来ないわな。でも今度日本代表が来るから、まぁ、いいか。よくない。
[PR]
by travelers-high | 2006-01-16 21:50 | よれよれ日記