当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ああ、まただ、また「会って」しまった。
病院、ドンキ、混雑するラーメン屋、そんな街の雑踏のなかで意味も無く「妙に」気になる他人がいたりしないだろうか。別に以前どこかで会ってる気がするとか、何か独り言を喋っていてテンパッた感じがするから気になるとかそういうのじゃなくて、もう絶対間違い無く百発百中に力一杯面識の無いアカの他人(この場合の「アカ」ってもともとどんな意味なんだろな、まさかコミュニストを意味するスラングだったりしないだろうな、大丈夫だろな、おい)なのに、意味も無く「妙」に気になる「特定」の人に。ないか?俺だけか?俺はたまに会うぞ、なんなんだ?あれは。今日はTSUTAYAでまた「会った」ぞ。
その「特定」の人の性別は必ず女である、そして出会う機会は極めて稀だ、まるで地震のように完全に忘れた頃に亡霊のように現れる。外見は地味な感じの目立たない服を着ていることが多い。今日の女は白色のブワブワしたニットにベージュのくるぶしまであるスカート、そして黒のスニーカー(パトリック)をお召しになっておられた、無難だが地味、そんな感じのする格好だ。俺がT・クルーズ主演「カクテル」のDVDを探していたら、同じ棚をぼんやり眺めている女がいた、そいつが今日の「特定」の女だった。歳は俺と同じくらいか少し上かもしれない、よくは見てないが小造りで鼻が高い顔を黒いセミロングで隠しているような横顔だった。
ただ、そこにいただけだ。言うなれば客と客、それだけだ、本来ならすれ違うだけで何の疑問も持たないで終わるはずの客と客、それなのに、「妙」なのだ。誰なんだ、何なんだ、あれは。声を掛けた方がいいのだろうか、いきなり歩み寄って「あの・・、あなたが気になるんですけど、あなたは誰ですか?」、言えるか、そんなこと、これじゃ変質者だ、あまりに危険だ、下手をすれば警察を呼ばれてしまう。なので、今日もいつものようになるべくその存在を無視しつつその場を離れた。しかし気になる、妄想の類なのだろうか、割と昔からある事のような気がするのだが。
そしてその気になるというのも、なんか好意的な気になり方なのだ、おれはフェロモンか何かを感知しているのかもしれない。次にそういうのに「会った」らやはり声を掛けた方がいいのだろうか、木屋町で鳴らした俺のナンパテクニックでバケの皮を剥いでやると、そういう事なのだろうか、しかし俺は女と話が噛み合うことが少ない、むしろ女と話すのは左手で箸を持つのと同じくらいもどかしくて苦手だ、でも女の子っていいよね、ね、ね。どうしろというのか。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-31 23:07 | よれよれ日記

半身で花見

発砲の反動で上半身が吹っ飛ぶような破壊力抜群のショットガンを開発したものの、あまりに危険なので試射すら出来ない状況に追い込まれるという夢を見た。
家族で居酒屋に行った、慣れない場所の為か親が舞い上がって奇妙な言動が目立った、どちらかといえばこっちの方が現実なのに夢より悪夢。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-26 23:28 | よれよれ日記

キャノンとタンク

d0001925_20433386.jpg
本当は犬が飼いたいのだが、残念ながら現時点での俺の生活はその希望を適えるだけの条件を揃えてはいない、早い話がカネも時間も足りないのだ。
動物がダメなら植物である、紹介しよう、手前がゴムの木、奥がユッカ、俺様のペットである。二匹で1500円もしなかった、鳴かないし散歩もしなくていい、メシは基本的に水、しかも月に一回ないし二回程度の水やりで満腹という燃費の良さ、動物のようになつくことも反対に噛まれるようなこともないのだ、なにしろこいつら脳が無い。
このペット達の故郷である熱帯の気候を極力再現し本来の生育に近づけることで、彼らが遺伝的に持つ樹姿の美しさを再現していこうと思う。よく見るとこいつらむちゃくちゃカッコいい。
手前のゴムの木だが、映画の「レオン」でジャン・レノ扮する殺し屋が育てていた観葉植物ってこんなんじゃなかった?ラストシーンでマチルダが地面に植えちゃうけどさ、絶対枯れるだろ、あれは。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-24 21:28 | 園芸地獄

福岡決戦

d0001925_2152582.jpg

「指笛を吹き過ぎると唇が腫れる」、それがこの日俺がつかんだ収穫である。後半途中から雨が本降り(俺語ではクソ雨)となり、勝利の感動も雨水で薄められ、往復で六時間も高速バスで移動すれば、休みなのに仕事よりキツい、休みなのに少しも休んでない、と自分の行動の矛盾を意識せざるをえなくなる。
実際ゴール裏では試合の展開がよく分からない、縦の距離感がつかめないのだ、博多の森球技場はスタンドの傾斜が浅く余計にその傾向が強かった。応援も楽しいが試合そのものも楽しみたいものだ、福岡サポがバックスタンドに陣取る理由が理解できた。
九州最大の人口と規模をほこる大都市福岡をホームとし、久し振りにJ1の舞台に戻ったというのに、休日のデーゲームにも拘らず、アビスパは一万人も観客を動員できない、日本でのプロサッカーリーグがいまひとつ盛り上がらない現状を浮き彫りにした形となった。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-22 22:13 | サッカー

小豆姫

全国肛門科医師連絡協議会(肛連協)は肛門のイメージアップを図る目的で、「ユー・アー・プリンセス・イン・マイ・アス」と銘打ったキャンペーンを全国に展開すると発表した。
19日午後、都内のホテルで行われた記者会見で肛連協の東会長は、「肛門は人間の持つ最高にデリケートな器官の一つ、肛門の病気の苦しみはなかなか周囲の人に理解してもらえず患者が悩みを抱えたまま孤立してしまうケースが多い、まずは肛門へのネガティブなイメージを変えてもらい積極的に肛門科を受診して欲しい」、と語った。
好天に恵まれ春らしい一日となった渋谷では、ボランティアの学生を中心にキャンペーンを告知するビラを道行く人に配布した、ビラ配りに参加した石田さん(28)は「僕も痔で悩んだ経験があります、身近に相談できる人の存在が大事、年に一度は肛門科の受診を」と笑顔で話した。(八壱)

俺は今でも痔の再発に怯えているフシがある。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-19 20:27 | 幻想絵巻

春には春の天秤棒

その角を曲がると妙に足のでかい女が前から歩いてきた、山吹色のパンプスがフランスパンみたいにふくらんでいて気味が悪かった、少し恐ろしくなったからビルの壁に寄ってその女に道を開けた、早くすれ違ってしまいたかったからだ。
彼女が横を通り過ぎた時、何かぶつぶつ喋っているのが分かった。
「ないないない、ないないない」
[PR]
by travelers-high | 2006-03-18 23:05 | 幻想絵巻

ケンコー

保健所に健康診断に行った、保健所様が言うことに、私めはなんと健康なんだそうだ。待ち時間ばかりやたら長く、あっちこっちの窓口をたらい回されて、挙句に尿まで検査されて、面白いものでは無いな、診断とは。
何の縁だか同じ日に同じ場所で健康診断をした多くの人達、進学や就職や単なる健康マニアの定期健診やらと目的は様々だったのだろうが、この日たまたま自分の健康に問題が発生している事に気付いてしまった人も中にはいたのかも知れない、数値の異常、レントゲンの影、心電図の波形、数字は残酷だ。
発展への渇望と滅びへの覚悟、それが生の両輪だ、野生を失う中でそのどちらもが中途半端になっている自分を見つめ直す事無く、バランスの悪いまま危ない角度で飛んでいく戦闘機でありたい、と完全に思い付きで書いている現時点の俺は、保健所様の「健康」というスタンプが背中に押されているのである。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-14 21:31 | よれよれ日記

一年経過

昨日気がついたのだが去年の今日俺はこのブログを始めたらしい、つまり今日で当ブログ「T-八壱(traveler's-high)」が一周年を迎えたのだ。読んでくれた方、コメントまでくれた方、本当にありがとうございます、これからも気長にこのブログにお付き合い下さい。
来年の今頃も書き続けていられますように。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-12 22:04 | よれよれ日記

ドラゴン畑

今日まいた種。ニンジン、丸トマト、ししとう、大葉。
ニンジン以外はポット育苗なので、自作の育苗ニールトンネルの中で文字通りの温室育ちの箱入り娘式に教育する、つまりある程度大きくなるまでは管理できる環境で過保護に育てるというわけだ、種を撒くともうソワソワしてくる、明日芽が出てないかなと無理なことを考えたりする、来週また少し寒くなるらしい、幼苗の状態で遅霜なんか食らうとほぼ即死なので気をつけたいところだ。
今日発芽したやつ。水菜。
水菜は加熱してもシャキシャキした食感を失わないし、見た目がシャープでオシャレな野菜だ、双葉が土からやっと出たばかりなので特徴的なギザギザ葉っぱはまだ見えないが、このまま元気に育って我が家の食卓に派手なデビューを飾って欲しい。
[PR]
by travelers-high | 2006-03-10 20:35 | 園芸地獄

散弾銃のように

ジャガイモ(メイクイーン、男爵)、べんり菜、ふだん草、水菜、ほうれん草。最近撒いた種はこれだけだ、じゃがいもの場合種子ではなく種芋なのだがこれはまだ前哨戦で、播種シーズンの本番はもう少し季節が進んだこれからだ。
以下、撒く予定のあるものを思い付く順に挙げると、唐芋、里芋、大根、人参、トマト、ミニトマト、大葉、空心菜、モロヘイヤ、ケール、キュウリ、カボチャ、ゴーヤー、スイカ、トウモロコシ、枝豆(黒)、落花生、ひょうたん、朝顔、夕顔、コリウス、ゴテチャ、ベゴニア、向日葵、クローバー、思い付くものだけでもこれだけある、多分もう少しあったハズだ、これらは仕事でやるのではない、単に趣味で栽培するものだ、つまり自分で勝手に面白くてやっているのだ、この飽きっぽい俺が「熱中」しているのかもしれない。主に俺の園芸とは、人工的に偏った生態系を畑という限定された区画に創り出し、可食性の植物をいじくり倒して本来持つ姿より過剰に肥大させてから狩り取る、というものだ。食えるのがこの趣味の良い所だと思う、気分はほとんど悪い魔女か山姥だ。
花もいいよ、花は面白い、でも花ってあれ、実も蓋も無い言い方をするとさ、植物の生殖器、つまりチンポコなんだよね、あれ、キレイとか良い香りとか言ってちゃダメな気もするな、花は、うん。他人のチンポコがなんか気になる気持ちと、花を美しいと思う気持ちに何か共通するものを感じないか?YO!

春いらないし、梅雨ブッ飛ばして、夏来い夏。(シェイクスピア)
[PR]
by travelers-high | 2006-03-08 21:36 | 園芸地獄