当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー

<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

鶴の恩返し

昔話から学ぶことはとても多いです。
子供に聞かせることを前提としているから、
そこに教訓的な味付けがなされるのかもしれません。
コクのある物語をこそ。

「鶴の恩返し」

確か大筋では、
じいさんに命を助けられた鶴が、
若い女に姿を変え、
恩返しと称して自らの羽を材料に見事な生地を織り上げる。
鶴は自らが鶴である事を秘密にするために、
作業中の姿を絶対に見せまいとするものの、
やせ細る女を不審に思ったじいさんが約束をやぶって正体を目撃してしまうんですな。
傷つき消耗した鶴である己の真の姿を人目にさらしたことにショックを受け、
彼女(鶴)は去っていく。
めでたしめでたし。

この話の教訓的部分とは、
・生き物を大切に
・恩は倍返、感謝の気持ちは現金で
・身を削って働け
・約束を守れ
・別れは辛い

ということだと私は思います。

ところで、ここからは自分の話ですが、
私の脂肪は、つまるところ鶴の羽です。
労働により、どんどん脂肪という羽が失われていくんですね。
だから痩せているんです。
体脂肪計がエラーをする程、身を削って働いているということです。
あたしゃ鶴です。
めでたしめでたし。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-30 21:22 | 幻想絵巻

うせる

体脂肪率を計ったら、

エラー2、

俺の脂肪は計測可能な領域を下回った。

もうなんか、
原因、結果に、
興味がうせる。

六月なのに、
夏やせか。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-29 20:48

ショッピング・キング

たまに温泉なんかに行くと、
ショッキングな出来事に遭遇してしまう。
そうそう、バーゲンでね、Tシャツが安くてね。

違うべ、それはショッピングだべよ。

北米の野犬「コヨーテ」を、
幻覚サボテンの「ペヨーテ」と勘違いする男の話を、
以前読んだことがあるが、
「衝撃的な買い物」とはつまり、
「ショッキング・ショッピング」で、
いいんだろうか。
「買い物の大王」とはつまり、
「ショッピング・キング」で正解だろうか?
ということは、
「派手目な桃色買物大王」とはつまり、
「ショッキング・ピンク・ショッピング・キング」って、
オリジナル早口言葉が成立してしまうのだろうか?

閑話休題、話を温泉での出来事に戻そう。

町営の温泉施設でのことだ、
血圧計で計れば上は102、
体重計の針がさすのは52。

何か、低い。

もやもやと、低い。

やや、怖い。

俺には、
何か大事なものが、
欠けているんじゃないだろうか。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-28 21:44 | よれよれ日記

武家ショハット

そうですね、
まぁコインランドリーは、
生活の支店だと言えますね。(「騎士道とローリング・サンダー」第二十二巻より)
[PR]
by travelers-high | 2007-06-27 21:33 | 幻想絵巻

100円乾燥

あつい、むしあつい。

そろそろ晴れてくれてもいいんじゃない?
なぁ、地球。
布団もしめっぽいよ。

さ、洗濯物を乾かしにコインランドリーへ行くか。

願わくば、心までカラッと気持ちよく乾かすことが出来ればいいんだが。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-24 16:15 | よれよれ日記

赤緑

赤っていうのは、

いい色です。

熟したトマトの赤、
夕焼けの赤、
くちびるの赤、

中華街の看板も、赤いです。

緑、

いい色です。

新鮮な、ハクサイの緑、
超人ハルクの緑、
ハイネケンの緑、

私の車も緑色。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-21 22:53 | 幻想絵巻

パチンコ盆踊り

エヴァンゲリオンが劇場用アニメで復活するらしいですね。
エヴァ好きですね、あたしゃ。
初めて観たのが多分19歳の時なんで、10年くらいずっと好きなんですな、こりゃ。
もう別に、エヴァならパチンコだろーが盆踊りだろーがなんでもいいです。
エヴァならいいです。
エヴァを粉末にして鼻から吸い込みたいくらいです。

映画といえば、
大日本人も、監督ばんざいも観たいのに映画館が近くに無い。
本当は無いわけじゃないんですけどね、やってないんです。
泣くぞ、コノヤロー。

今日の晩飯に使った食材

いわし、梅干、キャベツ、人参、豆腐、かぼちゃ、ニンニク、ショウガ、ナスビ、ピーマン、レタス、ツナ、味噌、醤油、豆板醤、トマトケチャップ、ごま油、白ワイン、コンソメ、いりこだし、マヨネーズ、酒、砂糖

こうして見ると、結構色々使ってますね。
夏野菜のチリソース和えが結構んめかったです。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-20 21:22 | ど料理

月と頭突き

昨晩の話で恐縮なのですが。

月曜日の夜のBSは、NHKを含む三つの放送局が同時に映画を放送します。
つまり三本の映画の中から好きなのを選んで楽しんじゃえる贅沢曜日なのです。

んで、昨日観たのは、BSjapanの「パッチギ」。
んもう、泣いた、また泣いた。多分これで三回目のパッチギ。
三回も観て、そろそろ次に来るセリフも読めてきたのに、ラストらへんでむせび泣き。
井筒監督はすげえなぁ、人間臭い血の通ったストーリーだよなぁ。
鴨川の橋の上でギターを叩き付けるシーンは、もうそりゃあんた。

泣いてくれ。
本当に生きることは悲しくてさ、とてもじゃないがやりきれないよ。
しかしそれでも、人生は希望に満ちている。
そんな素敵な映画です。

月曜日に栄光あれ。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-19 21:38 | よれよれ日記

ッキーニ

今日の晩飯
・ズッキーニのフライ(これがねぇ、なんつーの、うまかった)
・ピーマンとカニカマの和え物(ゴマ油と塩、そして味の素)
・ゴボウのワイン煮(想像と違った、大してうまくもなし)
・もずく(カップのやつ、皿に移し変えてそれだけ)
・味噌汁(合わせ味噌、豆腐、人参、わかめ)

ひっさしぶりに晩飯を記録してみたりして。
頭にきたのがゴボウのワイン煮、レシピに「ゴボウは赤ワインと相性抜群」なる記述があり、こいつぁうまかろう、と期待したのに結果は惨憺たるものに。
赤ワインの酸味と苦味が残り、甘みと塩味が足らず、ゴボウは煮えきらず。

こんちきしょうめ、ワインだけで飲めばよかったぜ。
怒りがおさまらないので、罰としてレシピを掲載。

1 ごぼうはたわしで泥をよく落とし、包丁の背で皮をよくこそげ、包丁の柄でたたいてひびを入れる。ひと口大に手で割りほぐし、水につけてアクをとる。
2 鍋に熱湯を沸かして(1)を入れ、再び沸騰したら湯を捨てる。
3 (2)の鍋にA・プルーンを加え、ひたひたまで水を注いで中火にかけ、煮立ったら火を弱めて汁気がなくなるまで煮る。

A、 赤ワイン 2/3カップ 砂糖 大さじ2  しょうゆ 大さじ1

てめえこのゴボウのワイン煮め、顔洗って出直しな。
あ、ズッキーニ君、あんたは合格。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-18 21:03 | ど料理

うさぎさん

今日は待ちに待ったお祭りの日。

人がいっぱいの通りはラッパや太鼓のパレード、
うれしいな、楽しいな。

おや?
風船を持った可愛いうさぎさんが近寄ってきたぞ。
大きな大きなうさぎさん。

「こんにちわ、ぼうや。
僕はうさぎさん、お祭り楽しんでる?
あのね、僕の背中には大きな傷があるの、
ちょっと見てくれない?」

回れ右をしたそのうさぎさんの背中には、首の辺りからお尻にかけて縦に一本長い傷跡が走っていた。

「痛そう。大丈夫?」

「うん、今は大丈夫。でもね、この傷が開くとね、お祭りが終わっちゃうの。
だからね、その時が一番辛いんだよ。じゃあね、お祭りを楽しんで。」

うさぎさんは風船をくれると、またパレードの列に消えていった。

ずっとずっと、毎日毎日、
お祭りならいいのにね。
[PR]
by travelers-high | 2007-06-12 21:33 | 幻想絵巻