当ブログはJ-WAVEの「GROOVE LINE」内でピストン西沢氏にごく一瞬紹介されました。まぁ素敵。


by travelers-high
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

鶴の恩返し

昔話から学ぶことはとても多いです。
子供に聞かせることを前提としているから、
そこに教訓的な味付けがなされるのかもしれません。
コクのある物語をこそ。

「鶴の恩返し」

確か大筋では、
じいさんに命を助けられた鶴が、
若い女に姿を変え、
恩返しと称して自らの羽を材料に見事な生地を織り上げる。
鶴は自らが鶴である事を秘密にするために、
作業中の姿を絶対に見せまいとするものの、
やせ細る女を不審に思ったじいさんが約束をやぶって正体を目撃してしまうんですな。
傷つき消耗した鶴である己の真の姿を人目にさらしたことにショックを受け、
彼女(鶴)は去っていく。
めでたしめでたし。

この話の教訓的部分とは、
・生き物を大切に
・恩は倍返、感謝の気持ちは現金で
・身を削って働け
・約束を守れ
・別れは辛い

ということだと私は思います。

ところで、ここからは自分の話ですが、
私の脂肪は、つまるところ鶴の羽です。
労働により、どんどん脂肪という羽が失われていくんですね。
だから痩せているんです。
体脂肪計がエラーをする程、身を削って働いているということです。
あたしゃ鶴です。
めでたしめでたし。
by travelers-high | 2007-06-30 21:22 | 幻想絵巻